内気男のITニュース外野席・・・

IT関連のニュース等を外野から見つめている内気な私…でも眺めるだけでなく、私見を綴ったりもしています
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 光通信回線の普及目標を下方修正へ・・・・・・NTT、2010年普及目標最大1000万件削減か | main | 再建中のNECエレクトロニクス、パワー半導体4割増産へ・・・ >>

日立製作所、パソコン生産撤退・家庭用も開発停止へ

 日本国内のPC(パソコン)メーカーは寡占化の進む世界のIT機器(パソコン)市場の中で苦戦を強いられているそうですが、そんな中で、JRとも縁の深い大手企業がPC生産から手を引くことにした模様ですネ。
 
 
 
日立、パソコン生産撤退・家庭用も開発停止
《『NIKKEI NET』10月23日付け掲載記事》

 日立製作所はパソコン生産から全面撤退する。すでに業務用の生産は米ヒューレット・パッカード(HP)にすべて委託しており、家庭用の生産と新規開発もやめる。世界のIT(情報技術)機器市場で欧米やアジアの大手による寡占化が進むなか、過当競争が続く国内勢は競争力が低下、採算確保が難しくなっている。三洋電機の携帯電話機事業売却に続く日立のパソコン撤退で、様々な製品を横並びで手がけてきた国内電機大手の事業再編が加速しそうだ。
 世界のIT機器市場では携帯電話機でフィンランド・ノキア、米モトローラ、韓国サムスン電子の大手3社が合計で3分の2強のシェアを確保。パソコンでも米デル、HP、中国のレノボ・グループ、台湾の宏碁(エイサー)の大手4社が合計で5割近くのシェアを握る。これに対し日本勢は大手電機9社のうち全社が携帯電話を、8社がパソコンを手がけ、国内市場を中心に激しい競争を展開。海外大手に比べ規模やコスト競争力で劣る国内メーカーの事業採算は低迷している。





 JR(旧国鉄)の「みどりの窓口」で使われている指定席券発券システム一式を開発したことでも知られている日立でありますが、個人向けには「プリウス」、法人向けには「フローラ」の各ブランドで展開してきた日立のパソコン事業、既に法人向けPCについては今年3月上旬にPC生産からの撤退を表明、5月出荷分から全てHPにOEM委託としてきているのですが、今回、個人向けも含めてPC事業(これも生産のみ?)から完全に手を引くこととなったわけですネ。




 日本国内のPCメーカーは何処も厳しい情勢との話・・・次は何処が脱落するのか、一消費者として気になるところです。




 あ、PCとは全然関係ないけど、うちで今使っている洗濯機(二槽式…古っ!)、日立だったなぁ・・・





▲ 以下のランキングに参加中デス!! ▼
にほんブログ村 PC家電ブログへ 人気blogランキングへ 人気ブログランキング「くつろぐ」
ITに纏わる話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(4)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ibt.jugem.jp/trackback/127
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/23 1:07 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/23 1:33 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/24 3:12 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/24 6:44 AM